ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

2009.02.25

【 WBC観戦記、気になったことが… 】

b0093839_1085022.jpg


@ダルビッシュ投手→岩隈投手への継投・・・?

2回、先発のダルビッシュ投手が乱調で、2アウト満塁のピンチを招いたところで岩隈投手に交代。 

ここに疑問あり。

おそらく、始めから2番目に岩隈投手の登板は決まっていたのだとは思いますが、せっかくの強化試合なのだから、普段中継ぎをやっていない、岩田投手、小松投手などに登板させ、次のイニングの始めから岩隈投手でも良かったのではないかな?と思うわけです。

今日はこの後、6回から岩田投手→小松投手→田中投手→馬原投手と、各イニングのあたまから登板。ランナーがいる状態での継投はやって欲しかったなぁ。


@つなぐ野球のはずが・・・?

1回、青木選手が出塁→中島がショートゴロでWプレー。
2回、先頭の稲葉選手が2塁打→村田選手がショートゴロで稲葉選手動けず。

こういう場面、やはり1・2塁間を狙う打撃を徹底すべきだと思いました。仮に1回の場合は、抜ければ1・3塁、2回の場合は1点ですし、仮にアウトになっても1アウト3塁です。1点が貴重になる1発勝負の大会、打撃好調だからこそ、取れるところはキッチリ!

ただこの後、イチロー選手を1塁に置いて、稲葉選手がライトへ安打(1・3塁)、ランナー1・2塁の場面で城島選手がライト前と、仕事キッチリ!このあたりはさすがでした!


あと1つ、こういう試合だからこそ、スクイズを試して欲しかったなぁ~と。

ノーサインで選手の調整優先だったようですが、チームを熟成させる為には、1点を取りに行く細かなサインプレーは必要なこと。まぁ日本代表ですからいつでも出来るということかも知れませんが、ファンとしてはそういうチームとしての姿勢を見せて欲しかったです。


@その他…

ダルビッシュ投手は、確かに乱調でしたが、MAX153キロを記録していたし、球は走っていました。が、抜け球が多かったですね。WBC公式球の影響でしょうか。

リリーフで登板してきた中で、岩田投手、小松投手は凄く良く見えました。

打線の心配は、イチロー選手。内野安打こそありましたが、芯を捕らえた打球がまだありませんからねぇ。

あと、途中から3塁の守備についた、川崎選手!軽快!上手い!予想以上!(失礼!)


さて、今日からの試合は、テレビでじっくり見るとしましょう。楽しみぃ~!
by team51 | 2009-02-25 10:12 | WBC