ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

2009.10.10

【 修行僧、引退 】

b0093839_16533752.jpgカープの緒方選手の引退試合が、行われました。

G・木村拓也選手のセンターフライ。
何か、元同僚への無言のエールに見えました。
(狙った…かな?)

広島カープ一筋、23年。

俊足・巧打・攻守。
3拍子揃った、素晴らしい選手でした。

ですが晩年は、怪我に泣かされた選手でした。

先日、セミナーで中村・元オリックス監督のお話を伺った際、こんなことをおっしゃっていました。

「2軍監督・コーチは、人として尊敬される人物である必要がある。
20歳にも満たない若者が、社会人としての第一歩を踏み出す場所。
野球界で生きていく技術を指導することもさることながら、
人としての魅力を持ち合わせる人物でないと、務まらない仕事なんですよ。」


・・・と。

東出選手のインタビューによると、緒方選手は影で後輩選手から「修行僧」と呼ばれていたそうです。

午前に東京から戻り、グラウンドに出ると先に、バッティング練習の音が聞こえてくる。
後輩選手同士は、「ああ、修行僧が打ってる。」と、話していたそうです。

ええ話やないですか。
その背中こそ、中村さんのおっしゃったそれなのでしょう。

「試合が終わればユニホームが真っ黒な選手でありたいと思っていましたが、
気がつけばそのユニホームが汚れなくなり、
走ることも守ることも思うようなプレーができなくなり、引退を決意しました。」

(引退の挨拶より)

最後は倒れこむように本塁突入も、ベースまで届かず、タッチアウト。
このベースまでの距離が、引退を決意させたのかもしれませんね。


それにしても、広島カープというチームは、本当に素晴らしい選手を育てますね。

大野、野村(次期監督)、緒方、金本(阪神)、前田(現役)…。


将来、これらの方の指導で、黄金時代が来そうな気がします。
by team51 | 2009-10-13 17:26 | 野球