ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

◆持論展開。「金メダルは必要?」

【 金メダルは必要? 】

b0093839_111238.jpgバンクーバーオリンピック閉幕。
銀:3、銅:2のメダルを獲得した日本。

五輪終了後、予算の話が出ていますね。

今回の予算、日本がかけた金額が27億。
韓国は100億、ドイツは270億と言われています。

要するに、日本は予算が少ないんじゃないの?ということ。

事業仕分けで・・
「結果の望めないマイナースポーツに予算をつぎ込んでも・・」
との発言が国会議員からありました。


でも、この発言には意義あり!

世界的マイナースポーツに予算をあてないなら、野球は予算対象外。
結果が望めないなら、サッカーも対象外のはずです。


では、予算はいらないのか?



そうは思いません。

たとえば男子フィギュア。
本田武史選手(ソルトレイク五輪:4位)、高橋大輔選手が活躍するまでは、マイナーです。

予算を打ち切っていたら、高橋選手のメダル獲得はあったかどうか・・・

今回の五輪でも、選手の所属企業が役員報酬を削減して強化費にあてたとか・・
(これ、女子パシュートの話です)

夏場の練習には遠征が必要で、仕事を辞めて貯金と親の援助で五輪出場を果たしたとか・・
(これ、リュージュの話です)・・

スケルトンは友人の下町工場に依頼して車体を作ってもらい・・

ボブスレーに至っては、2002年五輪の車体を使用・・
(イタリアはフェラーリ社、ドイツはBMW社が車体開発!)


予算があれば、もう少し違っていた。

そんな選手たちに「国民は結果を期待しています!がんばって!」なんて。
議員さん(ある都知事含む)、よく言えるなぁ~と。


だからといって、予算さえありゃいい!・・とは思いません。

ただ、何を目指して、どう使うか?だと思います。



で、その私案は・・・・次回で(笑)
by team51 | 2010-03-07 11:40 | スポーツ