ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

◆持論展開。「続・金メダルは必要?」

【 続・金メダルは必要? 】

前回の続きです。

前回も書きましたが、メダル獲得で一喜一憂しておきながら・・・
翌日子供達は学校へ行くと、かけっこでは手をつないでゴールするのです。

・・・どうしたいねん(苦笑)

これじゃ、スポーツが出来る子も伸びませんよ。

まず、ここから変えないと!
(みんな仲良くでいいのなら、僕なら勉強も平均点で良いと考えますね!)


ちょうど昨日、スポーツ省やスポーツ庁を作るべきみたいな話があったようですが・・・

まぁ僕は素人案なんで、思い切ったことを書きます。


◆国体を日本国内のオリンピックにしてしまう!

毎年、各都道府県で開催されている、国体。
これを隔年開催(オリンピックのない年)にして、開催価値を上げる。
選手のプロフィールで国体何位とか記載があるのは、せいぜい芸能人。
アスリートの経歴では、聞きません。

国体=国民体育大会。まずこの名前を変えて・・・
(例えば安易に、ジャパン・オリンピックとか)
スポンサーの付くスポーツ大会にしてしまいましょう。

各都道府県の開催ではなく、地区主催(九州とか関西とか)の開催にして・・
上位入賞選手は、それぞれの競技の団体が、強化選手として支援する。

もちろん、この選手が、オリンピック代表候補です。

その団体、支援のための予算は国からの援助が必要なので・・
例えばスポーツ省みたいな一括監督省庁を設定して・・
正式に登録している団体には、均等に予算を配分する。

ただし、その後国際大会などで結果を残した選手には・・
更なる予算が補助される。


・・・めっちゃ素人案や(笑)


スポーツなんだから、やる選手としては当然、結果を求めたい。
だから、選考委員会みたいな曖昧なことではなく、はっきりした方が良いと思うんです。

もちろん、選手として結果を残した功績は、功労金制度を作って与えることも必要。
(韓国はマイレージのようにポイントを貯めて、国から生涯、月額の報酬が出るそうです)


ともかく、話題が挙がった今!動かないと、またすぐに冷めてしまいそうですね・・・
by team51 | 2010-03-11 19:31 | スポーツ