ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

2008.09.25

【 メッセージ? 】

K-BARの仲間と、京都競馬場大運動会へ行ってきた、弟。
まぁ、その結果は、K-BARサイトの、マスターの日記で見て頂くとして・・・

お土産を頂きました。

b0093839_1624121.jpg「第38回 有馬記念 トウカイテイオーの優勝レイ」

僕が一番好きな競走馬の、優勝レイのレプリカです。

小学校の時、夜のスポーツニュースを見ていると、競馬のことを特集でやっていました。7冠馬、皇帝と呼ばれた、シンボリルドルフです。16戦13勝(2着2回、3着1回)。無敗の三冠馬G-1:7勝は、ディープインパクトに並ぶ、日本競馬史上に残る名馬です。
「へぇ~、スポーツニュースで競馬もやるんだぁ」と、子供心にめちゃめちゃ関心を持ちました。

その子供が、トウカイテイオーでした。

親子2代での無敗のダービー馬。その後、3度の骨折。その度に復活し、G-1を勝つ。すごい馬でした。

この前年の有馬記念で、トウカイテイオーはレース中に骨折し、11着に惨敗。1年間の休養を取ることになりました。その復帰戦が、再び有馬記念。通常、復帰するならG-1よりレベルが低いレースを使って馴らし走行し、その上で本番に挑みます。ところがトウカイテイオーは、年末の1年で一番レベルの高いレースを復帰戦に選びます。しかもこの年の有馬記念は、過去にG-1を勝っている馬が8頭も出走する、特にレベルが高いレース。そして・・・

見事!優勝!!

この後、春に4度目の骨折をして、結果このレースを最後に引退するのですが、この有馬記念は「奇跡の復活」と言われました。


TMW退団後、色々あって舞台から遠ざかっている僕ですが、なんだか「復活せい!」と、喝!を入れられた気分です。頑張らないと…な。


まぁ・・・弟はそんな深い意味はないと言っていましたが(苦笑)
by team51 | 2008-09-25 16:46 | 競馬