ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

◆持論展開。「WBC監督選考」

【 WBC監督選考 】

「来年3月に開催される野球の国別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の体制検討会議が15日、東京都内のホテルで開かれ、注目される日本代表監督の人選などに関して意見を交換した。監督については結論が出ず、今月末に予定される次回会合に持ち越された。
 監督の人選を急がなければならないという認識では一致。ただ、具体的な候補の名前などは明らかにされなかった。
 一方、プロ野球12球団の監督にアンケートを実施し、出場候補選手28人を推薦してもらうことが決まった。日本全体の参加意識を盛り上げることが狙い。最終的な出場選手の決定は監督、コーチに委ねられる。」

(ニュース記事より)

正直、この会議にはかなり期待していました。加藤コミッショナーが召集した会議出席者が、これまでと段違いに期待出来たからです。

◆前回大会優勝監督、王貞治特別顧問。
◆現役最年長監督、野村克也楽天監督
◆GM経験者、高田繁ヤクルト監督
◆失敗の理由を知る男、星野仙一北京五輪代表監督
◆ソウル五輪代表で野球評論家、野村謙二郎氏

各球団オーナーらで議論するよりは、よっぽどいい会議です。こういう会議を、もっと早くやって欲しかった!ただ、この場で監督候補を絞って「明日から交渉を開始する」という声明が発表されると思っていたのに・・・、それほど迅速な対応がされると思っていただけに・・・、大変残念な結論です。

時間、ないです。選手も困惑しているでしょう。

クライマックスシリーズに残れなかった6チームと、既に敗退したオリックスの選手は、休むなら休みたいはず。召集されたら、そうも行きません。だから各球団から推薦?そんなことでいいの?本来なら、年内に合宿があって、意識を高めて、来年集まりたいくらいでしょう。それくらいしないと国際大会を勝ち抜けないことは、北京五輪で十分にわかったはずなのに・・・

そんなに人材難なのでしょうか?プロの目から見ても?


持論ですが・・・古田敦也・前東京ヤクルト監督、どうでしょう?


自身も現役時代、ロス五輪で国際大会経験有り。プロでもシドニー五輪予選で、出場経験も有り。現役を離れて、1年。現役でも監督経験あり。北京五輪予選の歓喜も、本戦の悪夢も現地で見ている。正直、これだけの経験がありながら今日の会議に呼ばれないのは、監督候補だからだと思っていました。

若い監督に任せて、みんなでやったろうぜ!的なチームで挑戦しては?

これが一番良いような気がするのですが・・・とにかく早く決めないと!!
by team51 | 2008-10-15 20:10 | WBC