ブログトップ | ログイン

野球小僧のたわごと

team51.exblog.jp

~坂田康一のブログ~

カテゴリ:個人的な映画評論( 36 )

【 「名探偵コナン 漆黒の追跡者」を観た! 】

b0093839_1214884.jpg今回のコナンの映画、13作目で、過去最高の動員になっているらしいですね。

GWということで、子供連れの来場もあるのでしょうが、今朝のニュースでは「レッドクリフPARTⅡ」を抑えて、3週連続1位。先日の「ルパンvsコナン」の影響や、黒の組織との対決という内容もあってのこととはいえ、前作の1.5倍ってのはすごいですね。

で、内容は、それなりに面白かったです。それなりにっていうのは、ストーリーがちょっと読めたところがあるのと、「X-File」じゃないけれど、どうせ黒の組織とは決着付かないのでしょう?ってな先入観で観てしまった分、100%に楽しめなかったところがあるかもしれません。

謎解きはしっかりしているし、十分大人でも楽しめる内容ではありました。でもこの時期、「レッドクリフPARTⅡ」や「スラムドック$ミリオネア」「グラントリノ」「GOEMON」など、魅力的な映画がいっぱいあるので、観るかどうかは好みの問題。ファンなら是非!ってところですね。

・・・サスペンスが絡む映画のレビューって、難しいですよね。書くとネタばれになる。文章力ねぇなぁ~・・・


さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…僕の中でのコナン最高傑作は「ベイカー街の亡霊」。それは超えなかったので ・・・3つ!【★★★】
by team51 | 2009-05-06 12:27 | 個人的な映画評論
【 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」を観た! 】

b0093839_11424973.jpgまず一言。「相棒」ファンは、必見です!

ストーリーはちゃんとした刑事物ですので、相棒を観ていない人でも楽しめるかもしれませんが、楽しみは半減するでしょうね。米沢さんという人物をわかっている人がより楽しめる内容になっています。

なので、「相棒」を観ている人にとっては、思いっきり楽しめます!

なにより「踊る!大捜査線」シリーズのスピンオフ、「交渉人 真下正義」や「容疑者 室井慎次」と違って、ちゃんと「相棒」な内容です。ちゃんと社会派です。でも…ぶっちゃけ地味です(笑)。土曜ワイドでも十分っちゃあ十分な内容ではあります。

でも、これでいいのです!
これぞ、スピンンオフ!
なによりそれが満足!


なので、壮大なスケールは期待しないように。ここ、大切!

もちろん、杉下右京&亀山薫コンビも、ちょこっと出てきます。

まぁ、萩原聖人さん演じる相原刑事がかなり無鉄砲なキャラだったので、それはいいのか?的な捜査もありますが、物語のなかで処理されている。わかる人にはわかるのですが、ここはちょっと説明があってもよかったかな?と。
(ん~、ネタばれを避けて書くのは難しい…)

あと、公開前の僕の予想として、これで無茶な捜査をして、相原刑事(萩原聖人)が特命係に飛ばされて、右京さんの新しい相棒になる…という予想だったのですが、これは外れてちゃいましたね。あ、そうそう!エンドロールも見ものなのですが、その後があるので、明るくなるまで席を立たないように!

さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…スピンオフとしてしっかり作りこまれていた上に、本編のイメージもまったく損なっていない。ファンが楽しめる内容なので、ちょっとおまけで★5を付けたいですが、あえて・・・4つ!【★★★★】

PS:奥さん役の紺野まひるさんもいいよ!
(この女優さん、大好き!)
by team51 | 2009-04-03 11:43 | 個人的な映画評論
【 「ワルキューレ」を観た! 】

b0093839_1113677.jpg久々にWBC以外のネタを…映画、観てきたので。

トム・クルーズ主演、ヒトラー暗殺を企てた実話の映画化、「ワルキューレ」。ご覧になった方はご存知かと思いますが、最後のシーンなど、実際に事があった場所で、許可を取って撮影したそうです。

大方の結末予想はなんとなく記憶していたのですが、詳細はわかっていなかった僕としては、結構楽しめました。
楽しめたという表現はおかしいかもしれませんが、実話であるということが、妙な緊迫感を発生させています。

普通の創作物語であれば、だからなんだったんだ?という話の展開も、実話だと思うと、手に汗握る。

いやはや、勝手な感覚です(笑)

欲を言えば、冒頭でもう少し背景というか、暗殺計画を企てるに至った組織の形成までを語って頂けると、無知な鑑賞者としてはとてもに助かった。ま、その分、薄っぺらな感じになるかもしれませんが。

見応えはあります。が、疲れます!(笑)
「何か映画を観たいなぁ~、あ、時間がちょうどいいから『ワルキューレ』にしようか」みたいな感じで見ると、疲れるかもしれません。がっつり観る気満々で行かれることを、オススメします!

さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
見応え十分、緊迫感バッチリ、でも物足りなさもありということで、お勧め度は… 3つ!【★★★】
by team51 | 2009-03-26 22:12 | 個人的な映画評論
【 「20世紀少年<第2章> 最後の希望」を観た! 】

b0093839_13495341.jpgわかる人にはわかるって言い方をすると…「哀戦士」や「めぐりあい宇宙」(機動戦士ガンダムの劇場版)を観ているような感じでした。

僕は、21世紀少年を含め、全24巻を読んでいます。その上でこの3部作の第2章を観ると、まるでマンガのダイジェスト版を観ているかのような感覚でした。

もちろん、丸々収めることなんて出来ないから、再構成はされます。なるほどと思うところ有り、いやそこは■×●△!と思うところ有り。それは仕方ないでしょう。ですが、原作のストーリー上、絶対に外して欲しくない、原作では大きなポイントでもある部分も端折られていたりして、ちょっと感情移入は非常にし辛かったなぁ。

これ、原作を読んでない人は理解できるのかなぁ?とも思っちゃいました。

ただ、監督は「どうせ映画に収まらないような大作なんだから、だったら映像も原作にそっくりに…」みたいなことを第1章のときにおっしゃていたような気がするので、だったらこれは有りなのかとも思いますが、個人的には満足していないですね。

とはいえ、個々の役者さんには大満足な点、多し!
小泉響子=木南晴夏さん、珍宝楼の店主=小松政夫さん、コンチ=山寺宏一さん(素晴らしい!)、春波夫=古田新太さん(…なぜ違和感がない?) 、原作ファンとしては、もう最高です!ここは大満足!カンナ=平愛梨は…惜しいっ!!

もちろん、最終章も観に行きますが、ラストは原作とは違う描き方になるでしょうね。すでにその雰囲気はあります。

さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…それでもやっぱり満足できていない。 ・・・2つ!【★★】

どうせ開局50周年なんだったら、テレビドラマで4クール(1年)で、全48話!所々でスペシャル入れて、50時間超ってな「民放大河ドラマ」でやって欲しかったなぁ…無茶だけど(笑)
by team51 | 2009-02-07 12:14 | 個人的な映画評論
【 「K-20」を観た! 】

b0093839_1244543.jpg江戸川乱歩の「怪人二十面相」を元にした映画、「K-20」を観てきました。
そこそこの期待度で観に行ったのですが…

感想、一言で言って、「痛快!」…なのですが…

※以下、珍しくあえてネタばれで書きます。ご注意を!

ぶっちゃけ言って、演出はチープでお約束!(笑)悲しい場面で雨は降ってくるし、脱出劇ではギリギリで落下物からよけるし、もうお約束のオンパレード!その上、間違いなくハリウッドを意識している雰囲気いっぱい!まるで二十面相は、バットマンかスパイダーマンか、はたまた、足して割った感じか!そして、ヒロインは妙に男勝りで凄腕!(これ、坂田的ハリウッド映画の鉄則!)さらに犯人も「ああー、やっぱりなぁ」な展開。頼むからひねってよ!と叫びたくなる。

でもってCGは何年前の技術?って感じだし、あえていうなら日本映画の限界を感じたなぁと。「ALWAYS 三丁目の夕陽」のCGと違って、スピード感あるアクションCGでは、やっぱ勝てないなぁと。

もう1つ言うとラストシーンは、ある超名作アニメ映画(坂田的日本アニメ映画の最高傑作!の、あの作品)の超有名ラストシーンを意識したとしか思えない演出!

…素材が最高なだけに、もう少し何とかならなんだか?(苦笑)


ですが、2時間たっぷり楽しめる映画であることは間違いなかった!

とりわけ、松たか子さんのコメディエンヌの魅力が超満載!素敵すぎる!
國村隼さんは渋いし、鹿賀丈史さんはかっこいい!

さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…期待していただけに、残念。でも楽しめはしたので・・・2つ!【★★】
どうも、続編やりそうな雰囲気の終わり方でした。これは、あるね!
by team51 | 2008-12-23 13:02 | 個人的な映画評論
【 「20世紀少年」を観た! 】

b0093839_12384990.jpg昨日、レイトショーで観てきました。「20世紀少年」

読みたかったけど読んでいなかった原作。本当は映画を観てから読もうかと思っていたのですが、あえて、がっつり読破して鑑賞してみました。

全24巻(「21世紀少年」を含む)の原作を、3部作にそっくりそのまま納めるなんて無理な話で、「原作と違う」のは、当たり前。それでもよくまぁここまで原作イメージからかけ離れないキャストを集めたものだと関心するほど、観終わって違和感がありませんでした。むしろ、第2部でのあの人物は誰が演じるのだろ?と楽しみになるほどです。

僕は先に読んじゃっているので、原作を知らない方が観てどこまで楽しめるか。僕は充分に楽しめると思いますが、まだ3部作の1つ目なので、100%満足までは至らないかもしれません。


そうえいば、ある評論家さんが、「こんな壮大すぎる作品を映画化すること自体に無理がある」と言いつつ、「だが堤監督は本当にいい仕事をした。見た後もキャストのぴったり感で盛り上がることができる。」と評してらっしゃいましたが、プロなら製作についてではなく出来上がった作品について評論して欲しかったなぁ。

しかも原作についても、「リアリティーなどゼロ。まともな大人がみたら、バカバカしい以外の感想は絶対ない。こんなのはマンガだから許されるネタだ。」と言いつつ、同時期公開の「デトロイト・メタル・シティ」には「ぶっとんだ原作漫画。」と好評(おいおい!)。

なんだかなぁ~。プロの評論家って、その程度でいいの?楽だなぁ(笑)


さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…あくまでも、映画に原作通りを求めずに観て下さい。そうすれば楽しめるという点で・・・4つ!【★★★★】
残りの星は、2・3部の感想で左右されそうですね!
by team51 | 2008-09-21 12:56 | 個人的な映画評論
[ 「インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク≪聖櫃≫」 を観た! ]

b0093839_14162049.jpg「インディ・ジョーンズ」シリーズ、第1作を観ました。

これまでのシリーズを1作も観ず、先行ロードショーが映画1000円デーということのみに惹かれて、公開中の最新作を観た、僕。その最新作が、過去のシリーズからの繋がりがあるということだったので、これまたレンタル半額デーに借りて観ました。

いやぁ、驚くべきことに、CGのない(せいぜい合成)当時に、これだけの作品を作っていたんだと、感動すら覚えましたね。そして、最新作へのつながりも含め、非常に楽しい作品でした。考古学教授としては、年輪を重ねた今の方が、ハリソン・フォードの雰囲気がずっと良い。けど…この人、老け顔?(失礼!)思っていたほど、違和感はなかったですね(笑)

さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…観ていない人は、是非。約20年のときを経て、最新作が作られるほどの作品です。スピルバーグ&ルーカスです、やっぱ一見の価値はあります!・・・4つ!【★★★★】

※映画をご覧になったみなさんの感想を、コメント欄でお待ちしています!
by team51 | 2008-07-27 14:35 | 個人的な映画評論
[ 「クライマーズ・ハイ」 を観た! ]

b0093839_9492470.jpg1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落した、日航ジャンボ墜落事故。当時小学生だった僕にとって、幼い頃の事件・事故としては、グリコ・森永事件と並び、大きく記憶に残っている出来事です。

「クライマーズ・ハイ」は、その日航ジャンボ墜落事故を扱う、地方新聞社の物語。そこに全権デスクとして責任者となった記者自身の物語が織り交ぜれられて進んでゆくのですが…

当時ニュースでも流れた、墜落事故現場の映像。機体の破片や、生存者がヘリで搬出される模様など、今でも記憶に残っているのですが、そのシーンが出てきます。ですが、その記憶に残っている機体の破片の横に、記者役の堺雅人さんが立っている。「・・・そうか、これ、セットなんだ。」と気付くまで、時間がかかるほどの出来でした。

これはネタばれですが、予告編でも流れていたので書きますが…
当時、事故現場で見つかった、被害者の方が家族へ宛てたメモがありました。これも、僕の記憶にしっかり残っています。その手紙が、本編中でも取り上げられています。今、あらためて聞いてみると、本編中でこの言葉が一番印象に残る。こんな台詞なんか、書けないんじゃないか?と思ってしまうくらい。すさまじい言葉でした。


さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…4つ。この描き方なら、個人の物語がない方が良かった気がする。でも、一見の価値はありです。こういう映画は、大切にして欲しい。【★★★★】

※映画をご覧になったみなさんの感想を、コメント欄でお待ちしています!
by team51 | 2008-07-13 10:07 | 個人的な映画評論
[ 「ザ・マジックアワー」 を観た! ]

b0093839_16222286.jpgレイトショー、行って来ました。終了時間が0時過ぎとあって、観客は疎らでしたが、それでも笑い声は絶えなかったです!

この前観た「インディ・ジョーンズ」とは違うので、冒頭から飛ばしては行きませんでしたが、苦笑っていうか、中盤あたりから、爆笑ではない笑いが会場のあちらこちらからずっと聞こえてくるんです。ほんとに馬鹿馬鹿しい笑いなんだけど、本人(登場人物)たちは生死を掛けて必死なので、その姿がかえっておかしいたらありゃしない!

あと、成立していない会話が楽しい!例えば…

「お前、その椅子、うるさいから笑え!」って言う言葉。これ、映画・舞台の世界では「うるさい→目障り」「笑う→のける」と言う意味なんです。
普通に言われたら、椅子を持って「…ニコッ」って感じでしょ?そんな会話が随所に出てきます。正直、うまいです!

ちなみに「マジックアワー」と言う言葉の意味は、映画の冒頭で佐藤浩市さんが語りますが、僕は本編を観終った後に、「もう1つのマジックアワー」を感じる事が出来ました。(わかってもらえるかなぁ~)


さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…僕の好きな三谷映画「ラヂオの時間」は超えなかったので・・・4つ!にします。【★★★★】

※映画をご覧になったみなさんの感想を、コメント欄でお待ちしています!
by team51 | 2008-06-29 16:22 | 個人的な映画評論
[ 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 を観た! ]

b0093839_11424889.jpg来週21日公開の「インディ・ジョーンズ」最新作を、一足先に先行公開で観てきました!

実は…わたくし、過去3作をちゃんと観たこと、ありません。

なんかねぇ、1作目をみていなくて、周りが「期待の最新作!」みたいに騒ぐと、逆に引いちゃって観る気がうせるっていう、天邪鬼(あまのじゃく)な性格だったもので。おかげで、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「ランボー」「ターミネーター」も、1作も観ていないのです。

ま、そんな天邪鬼な性格もそこそこ直ったので、観てみようかなと。

で、確かに昔のはちゃんと観ていないけど、ハリソン・フォードが年輪を経て、今のほうがずっと教授っぽくっていい!合ってる!

公開前なので内容のことは書きませんが、それにしても、S・スピルバーグ、J・ルーカス、音楽のJ・ウィリアムス、そしてハリソン・フォード。久しぶりにみんなで集まって、好きなことやってやがるなぁ~、おっちゃんたち楽しそうだなぁ~っていうのが、ものすごく伝わってくる映画でした。

さて、例によってあくまでも個人的な好み込みですが…
お勧め度は…娯楽性充分、気楽に楽しめます。次回第5作、あるかもね♪・・・4つ!【★★★★】

※映画をご覧になったみなさんの感想を、コメント欄でお待ちしています!
by team51 | 2008-06-14 23:41 | 個人的な映画評論